瓦礫のリサイクルに不可欠

いろいろな種類の選別機

作業員

オフィスビルや商業ビルといった鉄筋コンクリート建造物はもちろん、一般住宅でも解体工事を実施すれば大量の瓦礫が発生します。
現在では重機を使って効率的に解体工事を行うのが一般的となっているため、発生するのはコンクリートくずや金属・木片・プラスチックなどが含まれる混合瓦礫です。
それらは産業廃棄物として法律に従いながら処理しなければなりませんが、瓦礫と言えども可能な限りリサイクルして再生材料に活用するよう努力が求められます。
解体工事現場で発生する瓦礫をリサイクルするには、コンクリートくずから金属などの異物を取り除くための選別作業が必要です。
不純物を除去されたコンクリートくずは、破砕処理された上で土木工事に使われる路盤材や再生砕石として再利用されています。
瓦礫選別を人力だけで行うのは困難なため、いくつかの種類の選別機とベルトコンベアーによる人力選別を組み合わせるのが一般的です。
瓦礫選別に使われる選別機には大きいサイズの瓦礫と小さいサイズの瓦礫に分けるための回転式や振動式選別機の他、磁力選別機や風力選別機といった種類があります。
回転式選別機は一度に大量の瓦礫を選別できるのが特徴で、水分の多い瓦礫を選別するのに適した振動式選別機に加え、両方の特徴を兼ね備えたトロンメル選別機もよく使われます。
選別工程の精度を高めるには、磁力選別機で金属を除去し風力選別機で軽い異物を除去することも欠かせません。
解体工事を行う業者ではそうした瓦礫選別を自社で行うことを目的として、選別機を購入またはレンタルで導入している例もあります。
大半の業者は瓦礫選別を産業廃棄物処理業者に代行委託しており、瓦礫選別機を備えた中間処理施設まで収集運搬業者に運んでもらうことも可能です。
受入可能品目にコンクリートガラやアスファルトガラなどの瓦礫が含まれている産業廃棄物処理業者は、以上のような方法で瓦礫選別を代行してくれるのです。

機械による分別

作業員

建物などの解体工事を行なう場合には、解体した建物の瓦礫が発生しますが、瓦礫は種類によってしっかりと選別をして廃棄処分する必要があります。
大規模な建物の解体の場合には大量の瓦礫が発生するため、瓦礫処理をするだけでも多大な労力と時間が必要になります。
こうした場合、瓦礫選別にかかるコストを削減するための有効な手段として広く活用されているのが、瓦礫選別のための専用機械を利用することです。
瓦礫選別を自動的に行なうことができるこうした機械は、時間をかけずに作業ができるだけでなく、瓦礫選別をより正確に行なうことができる利点があります。
瓦礫選別を行う機械にはいくつかの種類がありますが、一般的に広く利用されているのが回転式の選別機です。
これは選別したい瓦礫を容器に入れて、容器にを回転運動を加えることにより瓦礫を自動的に分ける仕組みが採用されています。
回転式の選別機にも細かい種類があり、回転をさせる容器の形状が異なるのが特徴です。
丸い形状の容器や角のついた容器を使用する機械があります。
選別をする機械には他に震動を利用して、選別を行なうタイプの機械もあります。
いずれの機械を使用しても、瓦礫を大きさごとに分別することができます。
こうした機械は購入して使用できるものの他に、レンタルで使用できるものもあります。
瓦礫の大きさによって使用できる機械も異なるため、排出される瓦礫のサイズに合った機械を選んで利用する必要があります。

業者の選定基準

工事

住宅や建物の解体をすると、多くの瓦礫が出ます。
この瓦礫はそのまま処分はできず、産業廃棄物としての処理が必要となります。
廃棄物は一般家庭ごみのような一般廃棄物と産業廃棄物に分かれます。
産業廃棄物は産業廃棄物法により適正に処理する必要がありますが、この為には専門業者に依頼をする必要があります。
単に専門業者であるだけでなく、瓦礫は様々な種類に分かれますので適正に処理する為にも瓦礫選別を行う必要があります。
一部の瓦礫は適正に選別されればリサイクルが可能となりますので、選別は非常に重要な業務です。
瓦礫選別を行う業者は国内に10万社を超えるといわれていますので、まずは口コミや企業HPなどを参照する事が大切です。
HPに今までの施行実績の記載があれば安心感を持つことが出来ますし、このような瓦礫選別業者は地方自治体の許可を受けていますのでその確認も重要です。
費用については複数業者に依頼をして見積もりをもらいます。
複数業者の対応も含めて比較検討する事が大切ですが、瓦礫選別には人が行うと正確な選別が出来ますが、経験が重要な上にかなりの時間を要する事から費用が莫大となってしまう可能性があります。
特に解体の規模が大きいとその傾向が強くなります。
そこで瓦礫選別にあたっては機械を導入している業者であれば時間を大きく短縮する事が出来ますので、最終的に大きな費用削減につながります。
業者選定にあたってはどのような瓦礫選別を行っているのかも確認してみる事が大切です。