安心して依頼できます

適切に処理しましょう

工事現場

事業で生じた産業廃棄物は、一般ゴミとして処分することはできません。
そのため事業で生じたゴミは、産業廃棄物処理業者を通じて処理する必要があります。
まず事業で生じるゴミは、産業廃棄物と事業用一般ゴミに分けられます。
産業廃棄物は木くずや金属くずをはじめ電子部品や廃プラスチックなど、資源として再利用できるものやそのままの状態では焼却処理できないものがメインです。
事業用一般ゴミは、生ゴミや紙くずなど焼却処理が可能なものが指定されています。
このうち産業廃棄物は、その内容物によって処理方法が異なります。
埼玉では金属くずや電子部品など再利用できるものは、ほかのゴミと分類されてからリサイクルセンターへと運ばれ、適切に処理しています。
また動物病院などで使用される注射針や薬剤が入っていた瓶などは、安全に処分できるように特殊な処理を行ってから処分されます。
このように円滑にゴミを処理するためには、何よりも事業者がしっかりとゴミの分別を行って適切に事業ゴミを管理することが求められます。
そのため埼玉では、事業者に委託契約書とマニフェストの作成を義務づけています。
このマニフェストや委託契約書は、事業者がゴミの処分状況を確認するためのもので、産業廃棄物処理業者に提出しなかった場合には行政処分の対象となります。
埼玉で事業を営んでいる方は、産業廃棄物を処分する際に、必ず委託契約書とマニフェストを作成するようにしましょう。
埼玉の産業廃棄物処理業者では、委託契約書やマニフェストを代行して作成するサービスも行っているので、安心して依頼することができます。

適切なゴミ管理が大切です

工事

事業で生じたゴミは廃棄物として適正に処理することが大切です。
おもに廃棄物は「産業廃棄物」と「一般廃棄物」に分類されますが、廃棄物処理法によってその種類や処分方法は細かく規定されています。
たとえば汚泥や廃油をはじめ金属ゴミやゴム屑などは「産業廃棄物」として処分する必要がありますが生ごみや紙くずなどは「一般廃棄物」です。
事業で生じたゴミの分類をおろそかにすると焼却炉を傷める原因となるほか、収集業者スタッフの事故の要因にもなりうるのでしっかりと分類しましょう。
埼玉で事業者の方が産業廃棄物の回収を依頼する際には契約書を交わします。
契約書には委託基準が記されているのでよく確認するようにしましょう。
また埼玉で活動する事業者の方は契約する収集業者と処分業者に対してマニフェストを交付して、産業廃棄物を適正に管理することを誓約する必要があります。
このマニフェストを適切に作成しなかったり、委託先の収集業者などが不法投棄をした際には依頼主である事業者の方も廃棄物処理法違反に問われることがあります。
マニフェストは作成から5年間はしっかりと保存する義務もあるので、埼玉で事業を営んでいる方はしっかりと保存義務を果たすようにしましょう。
埼玉の産業廃棄物業者はホームページで様々な情報を発信しています。
事業活動で生じたゴミの処分方法がわからない場合はメールで問い合わせもできるので、埼玉で事業を営んでいる方はホームページの内容をチェックしておきましょう。

高度なリサイクル技術

工場

工事現場はもとより工場や店舗・オフィスに至るまで、事業活動ではいろいろな種類の廃棄物が排出されています。
それらの大半は法律に定められた産業廃棄物に該当するため、都道府県または政令指定都市や一部の中核都市などの自治体から許可を得た業者に処分を委託しなければなりません。
埼玉県には許可を得た産業廃棄物の処理業者と収集運搬業者が多数存在しており、県内の事業所はこれらの業者を利用することで目的を果たすことができます。
人口が全国都道府県の中でも5位の埼玉県は工場や店舗など多数の事業所が存在することから、産業廃棄物を受け入れる処理施設も多く見られます。
燃え殻や汚泥・廃油・廃プラスチック類・金属くずなど、取り扱う産業廃棄物の品目と処理方法も業者によって多種多様です。
業者ごとに得意分野が異なるため、特定種類の廃棄物を多く排出する事業所ではその分野を得意とする処理業者に処分を依頼した方が費用の点でも有利となります。
現在は埼玉県内の処理施設でも産業廃棄物のリサイクル技術が大きく向上しており、最新の破砕機や選別機などを導入している施設も少なくありません。
実際に産業廃棄物の処分を依頼する際には、自治体の許可を得た収集運搬業者を通じて廃棄物を回収してもらうことになります。
そうした収集運搬業者の選定ポイントとしては、リサイクル技術に優れた中間処理業者と提携している業者を選ぶとい点が重要です。
産業廃棄物の処理責任はあくまでも廃棄物を排出する事業者にありますので、信頼できる業者に処理を代行してもらうことが安心につながります。
埼玉県内にある産業廃棄物処理業者の中でも処理方法や使用機械・最新技術についてインターネットで公開してる業者は、情報を手軽に集めやすいものです。
それらの情報から総合的に判断して意中の処理業者を絞り込んだら、料金なども検討した上で提携先の収集運搬業者と契約を結ぶようにするといいでしょう。